史跡散策コース紹介

原始から古代にかけての大遺跡は国指定史跡の大古墳をはじめその多くが姿をとど
めています。そして、各大名により明治維新となるまで城下町として、また、日光
西街道(壬生通り)の宿場町として栄え、今日の壬生町の基礎が築かれました。
過去と現在が交差する町並を、きらきら木漏れ日をたどって散策してみませんか?


ゆうがおウォーキングコース(壬生・藤井周辺)     詳細はここをクリック

○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ慈覚大師生誕の地として有名な紫雲寺壬生寺をはじめとして、三代将軍家光公ゆかりの興光寺、壬生文化の揺籃城址公園、全長47mの牛塚古墳など壬生町の魅力を凝縮した人気の散策コース。まずはこのコースからいかがですか?

えのきウォーキングコース(七つ石・羽生田・稲葉周辺) 詳細はここをクリック

○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ羽生田地区の茶臼山古墳と富士山古墳からは、県内最大級の円筒埴輪や国内でも最大級の家形埴輪などが出土しています。  
稲葉地区は自然あふれる散策コースとなっています。

ひばりウォーキングコース(上田・安塚周辺)          詳細はここをクリック

○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ小林神社の33年に一度開帳される薬師三尊像や、美しい広がりを見せる天神沼など、いろいろとバラティーに富んだ見所が多い、木立の中の自然豊かな散策コース。昔人の息遣いが感じられてきます。